​教室を始めた理由

 私は千葉市日本語指導通級教室という所で7年間講師を務めていました。そこは、千葉市教育委員会が設置した正式な教育機関で、外国籍の中学生に日本語や教科の学習を教えていました。千葉市では、外国から入って来た児童生徒には、最初に外国人児童生徒指導協力員(いわゆるネイティブの人)が日本語の初期指導を行い、その後日本語教室で学習言語の指導を行うという方針ですが、必ずしもうまく機能していませんでした。
 例えば、生活言語では困らないのに、成績が上がらないという生徒を調べてみました。すると、知的な基盤が充分発達していないので、特別な支援が必要だと思われる生徒がいました。また、日本の生活や学校に適応できずに不登校状態になっていて、日本語指導よりもカウンセリングが必要な生徒もいました。
 学校や保護者は、根本的な問題を直視せず、「日本語ができるようになれば解決するだろう」と考えて私達の教室に送ってくることがありましたが、そのような生徒に日本語を教えても効果は上がりませんでした。
 そこで、これからもずっと日本で生きていこう、そのために高い学力を身につけようという強い「覚悟」や「意欲」のある生徒を教えたいと考えて、この教室を始めました。
 ボランティアではなく、有償で教えるのは、「お互いに責任を持つ」ためです。私は報酬をもらう以上、教えることに責任を持ちます。また、学習者も「教わることに責任」を持って欲しいからです。つまり、学習時間中は集中して学習する、約束の時間に遅れない、課された宿題は必ずやってくるなどです。このような学習者としての責任を果たせる人にだけ教えたいと考えています。
 実際に会ってみて、「この人を教えたい」「この人に教わりたい」とお互いに納得できたら、契約しましょう。

(サイトの検索ワードです。日本語 個人教授 フリーランス)

The aim of Tanizawa Nihongo Kyousitsu

The reason I have opened this class is as follows:

I taught Japanese to the junior high school students from overseas at the facility founded by Chiba City, whose lessons were a part of the official curriculum of their schools.

But I sometimes found some of them could not acquire Japanese language proficiency because they did not have enough intelligence to learn the second language.

They seemed to be in need of special care rather than learning Japanese.

Many teachers and parents, however, thought that they would get academic ability if they acquired proficiency in Japanese.

Others seemed to be in need of receiving counselling rather than learning Japanese because they had too much stress in living in Japan or had a hard time adapting themselves in Japanese schools.

I felt sometimes my job might be meaningless.

Then I have come to wish to teach Japanese to students who want to keep living in Japan and to acquire academic ability enough to get higher education.

This is why I opened Tanizawa Nihongo Kyousitsu.

This is not a voluntary class as I believe we should be responsible:

I should be responsible for teaching as I get paid and students should be responsible for their learning as their parents pay for the class.

Students must be punctual, must be keen on learning, must be certain to do their homework.

I passed the Japanese Language Teaching Competency and have a teacher's license for high school.

Let us meet to find out whether we can agree to learn and teach each other.

If you are interested, please feel free to contact me.

教室の授業を受けている小学生

开创教室的理由

 

我作为讲师在千叶市日语指导通级教室任教了7年。它是由千叶市教育委员会设立的正规教育机构,负责教导外国籍的中学生日语与其他学科。在千叶,首先外国学生指导协力员(所谓的本地人)会向来自外国的孩子提供最基础的日语指导,随后在日语教室继续学习日语。

然而,这并不总是有效,有的学生在生活中不会因为语言烦恼,但成绩却始终无法提高。这样一来,被认为智力基础不发达而需要特别的支援的学生出现了。另外,有的学生无法适应日本的生活和学习,无法正常上学,比起日语学习,他们更需要的是辅导和咨询。

不重视根本问题的学校和家长把学生送到我们教室,认为“只要会说日语就能解决问题”,但效果并不理想。

因此,本课程针对的是想要继续在日本生活,为高学力而具备较强“觉悟”和“动力”的学生。

收费教学而不是无偿教学的原因是“对彼此负责”,我得到报酬,就有教学的责任;也希望学习者对自己的学业负责。换言之,就是在上课时间集中精力学习,不迟到不翘课并按时完成课后作业。无法履行上述的学习者恕我拒绝授课。

现实中见面,互相确定“有上课意愿”及“有授课意愿”后,就签订合同吧。